盆栽の土・砂の選び方

通常の植物同様に盆栽にはとても重要です。自然に生息している草木と比べて鉢の中の限られた空間で根を広げて健康に成長するためには、適切な土や砂選びが欠かせません。今回は盆栽の土や砂の種類の紹介と土や砂の選び方についてまとめました。

盆栽の土・砂の選び方のポイント

盆栽に適した土や砂は通気性がよく排水性と保水性が高いものが基本です。排水性と保水性という一見相反する性質ですが、これを両立する土が粒土です。粒土は多孔質という粒の表面にぼこぼこ穴が空いているのが特徴で、多孔質によって保水力が担保されます。粒の大きさが大きいほど通気性や排水性が高くなるため、粒を調整することで通気性や排水性をコントロールすることができます。

通常1種類の土だけで全ての必要な条件を満たすことは難しいため通常は育てる盆栽の種類に応じて何種類かの土や砂を配合して用土を作ります。

また、土や砂は必ず販売されている清潔な園芸用のものを購入するようにしてください。庭や畑や野原の土を配合すると、どんな成分が入っているか、どんな性質をもつ土であるか不明であるため危険性が把握できません。場合によっては盆栽が病気になってしまう可能性があるので必ず販売されている園芸用の土や砂を配合するようにしてください。

盆栽の土・砂の種類

赤玉土

赤玉土は火山灰土の赤土を砕いて粒状にしたものになります。通気性、排水性、保水性のバランスがいいことが特徴です。赤土玉は盆栽の基本の土として広く利用されています。

大きさによって「極小粒」と「小粒」に分類され、小粒は主に水はけをよくするために鉢の底にしくゴロ土として使用します。その上に極小粒を敷き詰めるようにします。

鹿沼土

鹿沼土は栃木県鹿沼地方の粒状土で、特徴は保水性と通気性です。赤土玉と比較すると鹿沼土のほうがよりもやわらかく、保水力は高くなっています。乾燥しすぎると水を吸いにくくなる欠点もあります。

ケト土

湿った場所や川や沼地に生息するマコモやヨシなどの植物が腐敗してできた土です。植物繊維が残っており肥料の成分が豊富で保水性が高い(水はけが悪い)ことが特徴です。ケト土は乾燥すると硬く固まる性質があり、この性質を利用して接着剤として苔玉が形が崩れないようにケト土が使われます。同じように接着剤として石つきなどに利用されます。いったん乾燥すると硬くなってしまうので保存に注意が必要です。

砂は通気性と排水性が特徴です。富士砂、寒水砂、桐生砂、矢作砂など様々な種類があり、化粧砂として鉢の上で水や雪などを表現するために使われます。

盆栽の種類に応じた土の使い分け

枝ものであれば赤土玉だけで問題ありません。草ものは根が細いためより通気性や保水性が高い環境を作ってあげる必要があるため、鹿沼土を3分の1配合して赤玉土2:鹿沼土1の割合にすることが配合の基本です。

盆栽初心者の方必見!この記事を読むともっと盆栽に詳しくなります

盆栽の作り方【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加